雑踏のない景色

アクセスカウンタ

zoom RSS Vol.50 未来の東急田園都市線!?

<<   作成日時 : 2007/11/23 23:41   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

およそ一年前に、皆さんご存知のフリー百科事典 ウィキペディアのパクリサイト「アンサイクロペディア」を知りました。
記事の一つに、「東急田園都市線 (未来)」というページがあるのですが、そこには沿線住民の急激な高齢化により利用者が激減したと記されています。

----------
だれかの手記

そろそろ21時を回り繁華街の人通りも少なく、終電も迫ってきたので席をはずし渋谷駅の田園都市線乗り場へと向かった

コンコースの照明は薄暗いがホームレスの溜まり場であった通路は昨年に全て閉鎖され出口は1箇所だけに縮小されたので悲しいほどのだだ広さは感じられない

地下3階のホームに下りると21時14分の長津田行き最終急行を待つ人が数名

沿線住民の急激な高齢化と減少に加え3年前に往復24車線(!!)の新246バイパスが開通して以来当線の利用者も激減し、列車本数も大幅に削減され、利用者がゼロに等しくなった駅は廃止された

やがて5分遅れて急行が入線。10両分あるホームに3連はやはり不釣合いだ

転換クロスシートに身を沈めて窓外に目をやる

ほどなく浮かび上がる不気味なシルエットは一昨年廃止された池尻大橋駅の残骸

荒れ果てた三軒茶屋で乗り降りはゼロで3両で15人余りの乗客を乗せた急行は二子玉川から地上に出る

90kmくらいは出してるだろうが並行するバイパスの車は100kmを軽く越える流れでわが列車を追い抜いていく

地上に出ても目に付くのは廃ビル、廃マンションの類ばかり。あれは5年前に閉店した高島屋かと思えば頭上を第二東名の高架が跨ぐ

溝の口で客の大半は下車し、残るは私を含めて3人

梶ヶ谷の廃駅跡を過ぎて、既に照明を落とした宮崎台、宮前平を通過すれば左には鷺沼の廃車置場である、たった数年しか使われなかった5000系もある

かつては毎朝始発列車を待つ人で殺気立った雰囲気さえあったと聞く上りホームは崩れかかっている

ここから先の乗客は私一人で列車は青葉台までの7kmを走る

青葉台で最後の1人を降ろした列車は長津田へと走り去る

この駅も無人化されて久しく、改札口すら跡形もない

ホームから降りた階段の下に止めておいた自転車で自宅に向かった
----------
・・・・・・・・・・・・。
でも少しリアルでなんか怖い。

たまプラーザ駅には、廃墟マニアでは有名な旧東急百貨店たまプラーザ店があり、駅の駅員室跡には廃墟ノートまである、と記されています。


アンサイクロペディアの内容としては、
・風刺
・ジョーク「ギャル文字」など
・架空の国家「さいたま」など
・勝敗が逆転しているような実際には行われていない戦争「大東亜戦争」など
・超大規模な企業合併「MicroSonyNtendo」など
・意味をなさない一発ネタ的な記事「あああああああああ!」など
などなど。

ほかにも、
「モールス信号」の記事には・・・
「落書き」の記事には・・・

たまに見て笑っています。「日本」とか、ね

寒い日々が続きますが、体には気をつけてくださいねー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Vol.50 未来の東急田園都市線!? 雑踏のない景色/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる